ブラジル・パンタナール便り・・・・
2010年 05月 27日
師匠とナマズ
f0022866_10472838.jpg

パンタナールの野外知識を伝授してくれた俺の師匠。

ルイース。

彼はまさに「けもの」です。

双眼鏡なし、ボート運転しながら遥か先の鳥を見つけたり、闇夜の蛇行する川を日中と同じ速度で運転する。

足の指に釣り糸をくくりつけ、引き具合で魚の種類も判別できる。見えない足跡を追跡しけものを射止める。

彼と1年半生活し、パンタナールの川辺で生活する基礎を学んだ。

パンタナールを縦断する大河パラグアイ川の支流、ジャウルー川の畔で生まれ育った野生児。

電気も何も無いところで生きてきた男・・・・・

頼りになる奴だった。

さすがに別れの時は、男泣きしてしまった。

また、奴のところに行きたくなった・・・・・・


写真は巨大ナマズ、ピンタード!
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-05-27 10:57 |  人


<< 親子      人と馬 >>