ブラジル・パンタナール便り・・・・
2011年 02月 05日
Hot Spot 最後の楽園 ブラジル・セラード~光る大地の謎~
    さて待ちに待った番組が明日の夜9時に放送されます。
 
    NHKスペシャル特別番組、海外共同制作、撮影2年、編集1年かけて丁寧に作られた
    正統派自然ドキュメンタリーです。

    毎年制作予算が削減されているメデイア業界でこれだけの規模で作られたのは最初で
    これが最後になるだろう・・・・と担当ディレクターは言っていました。

    そのコメントが本当にならなければ良いのですが・・・・・

    こういう正統派自然ドキュメンタリーを作れる文化、自然の価値を見出せる目を養う教養
    を育む上で絶対に失くしてはいけない番組です。

    視聴率ばかりに気をとられて、内容を薄っぺらにした、誰にも分かり易いような幼稚化した
    番組が増える中、多少難しくともメッセージ性の強い奥の深いしっかりとした番組を今後も
    制作してもらいたいし、そのような誠意をもって取り組む製作者には、こちらも誠心誠意、
    本気で番組制作に協力していきたいと思っている。

    実は本日5日(土)、民放の夜のクイズ番組で、ホット・スポット最後の楽園の主要撮影地と
    なったエマス国立公園を題材にしたものが放映される。
    これも民放のディレクターの狙いなのだろう・・・・・同じような番組をわざわざ前日に放送する
    とはその真意を問いただしたいが、わずか1週間ばかりの滞在で撮影できたものはたかがし
    れているだろうから、あえて言葉にはだしません・・・・・

    映画、出版、テレビなどのメディア業界全般がネタ不足で頭を悩ましているのは充分理解でき
    るし、二番煎じが悪いというのではない。言いたいことは他の番組に対する尊敬の念が見えない
   
    全てのことに対して「リスペクト」がないように見られることだ。最近の日本のニュースを見ている
    限り・・・・。悲しきかな世界中で起きている現象なのかな?モラルハザード・・・・・

    これは民度の低下、道徳観念の消失につながる問題のような気がしてならない。

    視聴者の皆さん、是非上記の二つの番組を見ていただいて、しっかり見比べて下さい。

    本当に必要な番組とはどういうものなのだろうか?

    真の教養番組とはいかようなものなのだろうか?

    と久々に真面目くさったコメントを述べてみたが、物事ポジティブに考えれば、このような 
    紹介番組を通して少しでも視聴者の好奇心を探り出せれば、それは大衆メディアとしては
    それなりに成功なのかもしれない。

    すべての始まりは一握りの好奇心から始まるのだから・・・・・。
   

    でもいつものことながら番組を支えたスタッフは生放送では見られない悲しい現実・・・・・

    ま、これは個人の家庭事情の問題だから仕方がないのか?
    生活にゆとりがあるお宅ならば衛星テレビ受信して見られるもんな~~~

    そういうことなので敏腕ディレクターOさん、ブラジルの裏方衆に早くDVD送って下さいな(笑)


               
[PR]

by pantanalinbrazil | 2011-02-05 09:47 | セラード エマス国立公園


<< Nikon FM2      光るアリ塚 >>