ブラジル・パンタナール便り・・・・
2001年 01月 01日
ポコネ・パンタナールのあばら屋にホームステイ
パンタナールと目と鼻の先の町でホームスティ!

この度、我あばら家の離れの一室を改装し、パンタナールに来る旅人の宿として開放することにしました。

ブラジル経済イケイケムードで物価は上昇し、パンタナールやアマゾン観光などのネイチャーツアー料金は信じられないくらい高くなっています。

そのあまりの高さに世界中の旅人もブラジル入りを足踏みしている者も多くないと聞きます。

遥か昔、チャリダーだったおっさんが旅好きなバックパッカー諸氏達に少しでもお役に立てれればという思いで実行することにしました。

現在近代化が進む大国ブラジル。失いつつ古き良きブラジルの人情ある田舎の雰囲気を感じられるこの町を中心にブラジルを堪能していただければ幸いです。

パンタナールのロッジに泊まらなくてもパンタナールの大自然は堪能できます。
それが出来るのがわが町「ポコネ」です。
マット・グロッソ州の主要観光地である「トランスパンタネイラ」(パンタナール縦断道路)とは目と鼻の先。体力があれば自転車でもワニが見られます。
町からワニが一杯見られる場所まで僅か20km・・・・・・
一番近いパンタナールロッジまでは15km・・・・・

日帰りで、大草原乗馬、島状森林散策、ボート観光、ピラニア釣りも出来ます。

サンパウロやクイアバなど州都、大都会の喧騒は苦手、のんびり田舎で過ごしてみたい。

この町は、日本の昭和の雰囲気が残っている、ゴールドラッシュで賑わい今は廃れてた忘れられた町、パンタナールの伝統的な放牧とわずかな金鉱のみで経済が動いている・・・・・

町全体が廃退的雰囲気が漂っている。灼熱の町で人生を思想思索してみるのも良いかも?

素泊まり、一人R$40レアイス(約2000円)で軽い朝食(コーヒーとミニフランスパン)付き。
インターネット回線もあります。日本語PCもありますのでメールチェックもOK
相部屋ですが三人までは泊まれます。
長期滞在者にはさらに割引も配慮します。
管理人が時間がある時は、パンタナール観光もいたします。もちろん格安で・・・・・

ブラジル中を歩き回ったおっさんが大自然や旅のアドバイスもいたします。

日常会話程度の簡単なポルトガル語を勉強したければ、出来る限り指導します。
ちなみにかみさんは英語の先生ですので英会話上達にも良いかもしれません。

興味のある方は、おっさんまで直メッセージ下さい。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2001-01-01 09:06 | Pantanal Tour


<< パンタナールツアー2泊3日サン...      金色の小さなサル、ゴールデンラ... >>