ブラジル・パンタナール便り・・・・
2006年 07月 28日
砂漠並み!
ここ4日間ノドがゲロゲロ、鼻づまり、ゴホゴホと聞き苦しい咳が出ています。
こういう症状は世間では風邪というのでしょうが、この原因はいったい何か??

異常乾燥である。
本日の湿度が24%で4日前が確か14%まで下がった。ノーマルが60%だからこの数字がいかに凄いかがわかる。砂漠は10%前後だから参ります。
にもかかわらず、現地のポコネ原人達はゴミや草ぼうぼうの更地に火をつけて、煙をもくもく出している大馬鹿者。

まてよ、ここはパンタナールと目の鼻の先の町だぜよ。そういうパンタナールもカラカラなのだ。
水があるのは川と湖の最低地のみ・・・・・・。
観光ガイドブックなんか見ると一年中大湿原が見られるようなことが書いてあるけど、オオウソ。
現地を全く知らない人たちのいい加減な発言である。勘弁していただきたい。

当地は8~10月の乾期は湿原とは程遠い、乾燥サバンナにかわるのである。

あ~9月中旬まで雨なしなのかな~~。
お肌に潤いが・・・・・モイスチャー成分が水分を欲しがっている。
カエル肌の私には厳しい今日この頃。

それにしてもノドがカラカラ・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-07-28 11:31 | その他


<< Hiyoko      乗 馬 >>