「ほっ」と。キャンペーン
ブラジル・パンタナール便り・・・・
2006年 01月 09日
パンタナール水いっぱい
先日、毎年恒例のパンタナール新年ご挨拶訪問をした。
今年は一人ではなく、かみさんと娘を連れての参拝になった。

今年は雨が順調に降っており、95年以来の大浸水になりそうな気配。
僕はパンタナールとは93年から関っているが、最後に見た大浸水状態が94~95年にかけての雨期で、その後は乾燥の一途をたどるのみ。特にここ数年は雨期とは思えないほどの乾燥ぶりだった。
乾燥の原因は色々と推測できるが、世界中で起きている天災でも分かるように、一番の原因は地球温暖化の影響による異常気象だと思うのだが・・・・。
森林伐採、水質汚染、土壌侵食と騒がれているが、恵みの雨が降らなければ、パンタナールは浸水しないし、その特異な生態系は保たれない。
どんなに環境保護団体が声をあげて、発展途上国に環境破壊を止めるように唱えても、エネルギー大消費国、京都議定書にサインしない某(暴)国の二酸化炭素排出量を減少しない限り、根本的な地球温暖化問題は解決されないと思うのだが・・・・・。

少々堅いことをコメントしましたが、綺麗な浸水パンタナールの様子を見て楽しんで下さい。
f0022866_23442169.jpg

f0022866_23444986.jpg

f0022866_23451078.jpg

f0022866_23453237.jpg

f0022866_23455381.jpg
f0022866_2346987.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-01-09 23:47 | パンタナール 風 景


<< 今日も雨      リオ・デ・ジャネイロ >>