ブラジル・パンタナール便り・・・・
2007年 03月 23日
ドミンゴ
今日は日曜日。

帰宅してからはじめてゆっくりできた気がする。

6時半に起きて娘にフルーツミルクシェイクを飲ませ、その後Xuxa(ブラジル版ピンポンパンのお姉さんと言いたいが年的にはおばさん)のDVD を一緒に鑑賞したり、絵本を読んだり、ぬいぐるみで遊んだり、池の魚に餌をあげたり、近所の家に上がりこみカステラをいただいた。

昨日の残り飯で卵チャーハンとカレー風味の鶏の胸肉の野菜炒めを作って昼飯を済ます。
近所のおばさんDalvaが娘を連れて外食に行ったので、少し昼休みで映画鑑賞。カウボーイがアラブの国の耐久競馬に参加するお話。

昼寝から目覚めた娘の疳の虫のいどころが悪かったのか、超機嫌が悪く泣き叫ぶ。母親切れる。父親呆れる・・・・。

近所のおばさんElenilが心配になってわざわざ見に来てくれた。Elenilの娘Calorinaが娘を連れ出して遊んでくれた。父母娘のハリケーンから解放される。

夕立があり涼しくなった。
昼間は青空カンカン照りで目茶暑かった。

近所の男の子が自家製チョコレートを自転車に乗って売りに来たので、購入して世話になったCalorinaとElenilおばさんにプレゼント。娘は今Carolinaと一緒に自転車に乗ってその辺をウロウロしてる。

そして、かみさんは映画鑑賞。

父はこうして日記を書いている。

一昔前の日本の一風景のような日曜日でした。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-03-23 07:23 | その他


<< 帰宅      マラニョン州都 サン・ルイス 1 >>