ブラジル・パンタナール便り・・・・
カテゴリ:パンタナール 哺乳類( 16 )

2009年 09月 19日
マザマジカ
f0022866_1014295.jpg


アカマザマジカの子供です。

本来は、パンタナールの森の中に住む、臆病で人前になかなか姿を見せないシャイな動物だが、この個体は母親と別れてしまい、牧場管理しているマリアーナおばさんに育てられたから、犬のように人の後を突いてくる。

この時もさるが桃色イッペーを撮影しにウロウロしていたら彼が付いて来て遊んでくれとせがまれたので、写真を撮ってあげました。

可愛いね・・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-09-19 10:06 | パンタナール 哺乳類
2009年 08月 09日
タテガミオオカミ
f0022866_108963.jpg


日本人にはあまり知られていない果実食??のオオカミ?です。

果実が70%、肉が30%と言われている珍しい種です。

オオカミというより足の長い耳の大きなキツネと言った方があっているかもしれません。

いずれにしても可愛い動物にはかわりありません・・・・・

この動物の野生の生態は謎が多いです。ま、セラード全般の動物建は未だに詳しくフィールド調査されていないのが現状です。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-08-09 10:14 | パンタナール 哺乳類
2009年 08月 07日
オオアリクイ
先日、3週間弱の出張を終えて帰宅しました。

コンサーベション・インターナショナルが定めた、最も消滅の恐れのある生態系「HotSpot」として指定されているセラード(ブラジリアン・サバンナ、潅木疎林乾燥草原帯?)の生態系を紹介する大型自然番組です。

昨年からトータル120日間のロケで今年は70日間滞在していきました。
私は今回は25日ほど担当いたしました。70日は長すぎます・・・・・・でも調査をいれるとたぶん40日間ほど仕事したな~~。このままのペースで仕事していると娘と嫁さんに忘れられてしまう・・・・・

そしたら一人でパンタナールの川辺で隠遁生活か??

セラードを代表する動物 2種、タテガミオオカミとオオアリクイを求めて6000kmほど走り周った。

しかし、このオオアリクイ滅茶苦茶可愛いです!

この個体は、母親と共に交通事故にあい、親は亡くなり、彼女は後足を骨折して野生動物リハビリセンターで治療中の1歳半の個体です。後半年ほどで放されるとのこと・・・・・

このような施設がブラジル全国27ヶ所あるそうです。今後このような施設の活動などもテレビ番組製作とは別に紹介していければいいなとも思っています。
f0022866_4572194.jpg
f0022866_4575758.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-08-07 05:00 | パンタナール 哺乳類
2009年 07月 14日
Jaguar
今日は、誕生日でこれから自然番組の長期ロケに出るので特別な動物をアップすることにした。

先日、パンタナールのど真ん中に行ってきて撮影出来たもの・・・・・

こいつと真剣に取り組みたいね・・・・・いつできることやら?

f0022866_20234896.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-07-14 20:25 | パンタナール 哺乳類
2008年 10月 25日
コアリクイ
先日、約3ヶ月ぶりに私用でパンタナールに行った。
かみさんの義兄でジャガーを見せるガイドで有名なジュリーニョと一緒にパンタナール縦断道路の最終地点149kmポルト・ジョッフレに行き、そこからボートでクイアバ川を上り、ジャイアントイエローピラニアを釣りながら、ついでにジャガーを見ようという計画だった。

ところが90km地点にかかる橋で事件が起きた。

義兄のトヨタランクル原型車ジープを私が運転し、義兄と世間話をしながら特に注意もせずに橋を渡る途中、何かが激しくぶつかる打撲音。木造の橋の板が外れていてジープの前輪がその板にかかった瞬間、板の後ろが跳ね上がりバネ板サスペンションを受ける鉄の塊に直撃し、その部品は見事に割れてしまった・・・・・・
車体が傾き、悪路の走行は不可能になり、楽しい遠足はおしまい・・・・・。

応急処置を施しなんとか電話がつながる65km地点まで一速でタラタラ走り、そこからレッカー車でポコネの町まで戻った次第。

ジャガーとピラニアはおじゃん!あ~~あ、って二人で嘆いたが、これもそれも天の声、向こうには行くなという啓示だったのだ!と勝手に思い込み、ポジティブ思考に切り替えて、帰途に着いた。

ポコネの自動車修理場で、世間話をしていると私達の行く予定だった場所近辺で大きな火事があり、消防隊がヘリコプターで消火活動をしているとの話を聞いた。
やっぱり悪いことは起きていたのだ・・・・・運よく目的に着いたとしても火事が起きていたら周りはもうバタバタの騒ぎで、ゆっくりジャガー見学どころのではなかったはずだ。やはり天の啓示は虫の声だったのだ・・・・・。

色々大変だった一日だったが、一つだけ良いことがあった。

それは、行きしなに、コアリクイが道端をトコトコのんびり歩いていたのを見つけて、ゆっくり接近し写真に収めることができた。

コアリクイ(Tamandua tetradactyla)はいつみても可愛いね。

f0022866_212253100.jpg

ジャガーハンター、ジュリーニョとツーショット!
f0022866_21235656.jpg

ヨチヨチ歩く姿はメチャ可愛すぎる!
f0022866_21245896.jpg

ローアングルでコアリクイ視線でパチリ!
[PR]

by pantanalinbrazil | 2008-10-25 21:30 | パンタナール 哺乳類
2006年 04月 15日
ちょっとドライブ
どうもご無沙汰しております。
久しぶりにパンタナールへドライブに行ってきました。それも娘っこ4人も連れて!
パンタナールは今、大浸水状態です。
ポコネの町からパンタナールへ続く道のほとんどが浸水しています。
水一杯のパンタナール大好きです!水は命。癒されます・・・・・。
f0022866_120514.jpg

うむ?道端に見える群れはなんだ??
f0022866_1203676.jpg

カピバラの群れだ!パンタナールのカピちゃん達は近づいても逃げませ~ん
f0022866_1205681.jpg

おや?このいきものはなに??
f0022866_121132.jpg

ちょっとピンボケだけど、オオアリクイで~す。これも近い!
f0022866_1212977.jpg

このように路上に水がゴウゴウと流れています。魚を見てる娘っこ達。
f0022866_1214678.jpg

ポコネ娘っこ隊です!私の娘の子守を手伝ってくれる頼りになる女性陣!
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-04-15 12:08 | パンタナール 哺乳類