ブラジル・パンタナール便り・・・・
カテゴリ:パンタナール 植 物( 4 )

2010年 08月 17日
パンタナール桜
f0022866_20153181.jpg


最近家にいませんでした。

パンタナールツアーに出っ放しで、いつものスローライフとはかけ離れた生活をしています。

ツアーの合間、束の間の休日に大好きな「ピウーヴァ」の樹を撮影しました。

色合いが日本の八重桜のようで自分は勝手にパンタナール桜と呼んでいますが、学術的には桜の種類でもなんでもありません・・・・・・

でも四季がない当地で唯一彩りが生えるのがこの季節です。

渡り鳥、コウノトリ達は魚が沢山採れる乾季に子育てをします。写真のズグロハゲコウも桃色イッペーの樹に大きな巣をかけて子育てをしています。

彼らは毎年同じ巣を使います。夫婦で巣を修理、化粧直して、恋の準備を整えて、愛の営みを経て、雛が生まれ、子供が大きくなり始める頃に、綺麗な桃色の花が咲くのです。

コウノトリは翼を広げると2m近くあるので、桃色イッペーのような大樹で枝振りの良い樹に好んで巣をかけます。

質素な生活サイクルの中での自然が作り出すアートには我々の表現物はとてもかないません。

ピウーヴァ様、今年も美しい景色を堪能させてくれてありがとう・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-08-17 20:31 | パンタナール 植 物
2009年 10月 15日
根っこ
f0022866_551120.jpg


先日、パンタナール奥地に行ってきました。

ジャガーが頻繁に見られると言われている川があり、様子を伺いに探索してきました。

久しぶりに良い雰囲気の森を見ることができた。ここならジャガー見られてもおかしくなないだろうな?という表現は間違っているな。ジャガーが好みそうな生息環境と言った方が正しいかな。


今年のパンタナールは乾季の水の引き具合が遅く、結局完全に干上がることなく雨季に突入してしまった。

しかし、この川近辺は水の引きが良く、しっかり土手が現れていて、野生動物を観察しやすい状況が整っていた。

その土手で目を引くのが、大木の根だ。

雨季の水の勢いで土手は削られ、根に絡まっていた土も綺麗に流されている。


「浮遊根」とでも呼べるかな。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-10-15 05:02 | パンタナール 植 物
2009年 09月 04日
黄色イッペー
f0022866_18544273.jpg


ブラジルを象徴する色と言えば、黄色・・・・

国旗の色は、緑、黄色、青で、そりよりも有名なのがサッカーブラジル選抜のユニホームですね!

南米カナリアチームと言われるほど、その黄色が似合っている国もそうないのでは・・・・・。

明るくて、ポジティブに元気になる色ですよね。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-09-04 18:58 | パンタナール 植 物
2009年 09月 03日
桃色イッペー
f0022866_11271669.jpg


パンタナールの八重桜・・・・桃色イッペーこと「Piuva」ピウーヴァです。

先週まで満開でした。なんかこの満開の樹を見るとほっとします。

今年は遅咲きでした。

6、7、8月になんとかなりまとまった雨が降り、パンタナールの様相は6月始め頃の感じのようです。

これを温暖化による異常気象と安易にくくってしまって良いものか分かりませんが・・・・・・

綺麗な花でも見て夢心地でいましょう・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-09-03 11:32 | パンタナール 植 物