ブラジル・パンタナール便り・・・・
カテゴリ:その他( 34 )

2014年 01月 01日
新年あけましておめでとうございます。
Feliz Ano Novo, desejo ter muito sorriso e saudê para todos meus amigos e sua família!!


あけましておめでとうございます。

今年は親友ご夫婦宅で日本人3人で大晦日を年越し天麩羅を食べながら過ごしました。

賑やかなバンバン花火も無しに、数年ぶりのおしとやか新年をあけることになりました。

小生、今年はなかなか激動な年になりそうです・・・・

パンタナールのシンボル桃色イッペーのように鮮やかにそして華やかに、

そして力強い馬のように疾走していきたいな・・・・

今年もゆるりとお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

最後に、皆様が笑顔で健やかに一年を過ごせますよう遠いパンタナールからお祈り申し上げます。

f0022866_441957.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2014-01-01 17:00 | その他
2013年 12月 24日
パンタナール熱帯クリスマス
                  雪がないけど雪だるま。。。。。。

                  タンクトップ、半ズボン、ビーチサンダルで過ごすトロピカルなクリスマス。。。。


                  皆様も是非熱帯パンタナールクリスマスを体験されてみてはいかがでしょうか?


          
f0022866_12151050.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2013-12-24 12:16 | その他
2012年 05月 08日
北と南とどっちがよいの?
 
 というかなりおおざっぱな質問が来たのですが、コメント蘭には記入しきれず、また個人のメルアドもなかったので、こうしてブログの記事として説明することにいたしました。お楽しみあれ・・・・・


本文ここから-----------------------------------------------------------------------------

名無しのマキ?さんへ

 はじめに面識のない大人に何かお願いする時は、本名を名乗り個人のメルアドを伝えた方が良いと思います。いくらブログとは言え礼儀節度のある大人の対応を望みます。

 さて、ご質問の件、一概に北と南のどちらが良いですか?という途方も無い質問に関してですが、日本の本州の面積に匹敵する生態系を大別して北と南に分けて、どちらが動物遭遇頻度が高いかという質問に答えはありません。

 生息動物の種類にもよりますし、わずか2泊3日の滞在で場所も一ヶ所のみでは多くを望むのは無理があります。北PLの私が住むポコネPL(パンタナール縦断道路)だけでもロッジは20ほどあります。ロッジの立地条件次第で、動植物相が変わり、観察できる動物の種類も決まります。

 サイトなどで北の方が多く見られているコメントの理由として考えられるのは、このパンタナール縦断道路沿いのアクセスの良いロッジを3泊4日~4泊5日ほどで2ヶ所使用しているから各動物の遭遇頻度が増しているのだと思います。

 反対に南は各ロッジの距離が遠く、北PLのように容易に移動が出来ない為、滞在場所は1っカ所のみになります。そうなると余計に観察可能な種類が限定されてきます。

 またPL観光はアマゾン川やイグアスの滝のような大きな対象物を見学するところではなく、少人数で行動しながらフットワークを生かして細かく自然観察するところです。
 
 したがって、ここほどガイドの腕次第でいかようにも自然観察の印象がかわる場所は他にはないのでは?と思います。いかに現地の自然状況を把握した熱意のあるローカルガイドに案内してもらえるか?後は訪問者と案内者とパンタナールとの相性かな???

 それとあなたが何の動物をメインに見たいのか?主要目的は?写真撮影?一般観光?鳥見なのかカピバラなのか、絶対アリクイが見たいとか、青い大きなインコが見たいとかで訪問場所が決まります。
 
 ま、ここまで細部に拘ってPLを見せる物好きなガイドはたぶん私くらいでしょうが、要は現地を知らない旅人が気軽にポンと入って、ハイ!PLの主要動物が簡単に全部見られますよ!!というところではありません、ということ。

 また、南のコルンバ経由での欧米人バックパッカー相手の安ツアーでは期待できるのもの少ないでしょう。
それだけの対価価値のみ。安くて良い物はそうはありません。中にはガイド兼運転手兼料理兼のキャンプツアーみたいなものもあり、格安ですがそれだけのもので。私も若かりしの日にそういう冒険ツアーに便乗した経験はありますが、はっきりいってほとんど良い思いでがありません。

 もしそういう冒険的ハチャメチャな旅を希望するなら、安い旅行の得意な欧米人のコメントがあるロンリープラネットやサウスアメリカンハンドブックなどで下調べして良さそうな旅行社、ガイドさんにコンタクトしてみたら良いでしょう。

 さて、上記の説明で現地の状況は多少はご理解いただけたでしょうか?

 結論は動物見られる云々ではなく、大きなパンタナールの自然をゆったり楽しむくらいな気持ちで望んでください。あまり欲張って何が見たい、これがしたいとエゴを出しまくると動物が引いてしまい、あなたの前にでてこないですよ(笑)

 野生動物に遭遇しなくても彼らの住んでいる気配、雰囲気が感じられる環境がパンタナールの魅力でもあります。それだけ生態系のバイオマスが豊かなところなのです。

 最後に名無しのマキさんのパンタナールでの幸運をお祈り申し上げます。

 パンタナール大好きなひげおやじでした・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2012-05-08 11:35 | その他
2012年 04月 10日
Star and thunder
最近、夕方、夜の雷雲撮影にはまっている。

今日は夕方の犬の散歩してたら目の前に「天空の城、ラピュタ」の雲のような威勢の良い雨雲が現れて稲妻がひっきりなし光っていた。

犬の散歩を途中で投げ出す訳にもいかなかったので折角のシャッターチャンスを逃してしまった。

でも遥か彼方でまだ勢い良く光っていたので屋根より高い貯水タンク塔に登って何枚か撮影してみた。

町のオレンジや緑の街灯が微妙に反射して、なんだか不思議な写真になったが一枚だけ綺麗に稲妻が走った竜のような絵柄が撮れた!!

f0022866_12441110.jpg

まるでラピュタの城が出てきそうな雲だった!

f0022866_12443539.jpg

オリオン座と稲妻の組み合わせもなかなか乙?

次回は天の川と稲妻のドュエットで狙いたい・・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2012-04-10 12:49 | その他
2011年 05月 23日
思うままに・・・・
               
しばらくぶりのブログです。

パンタナールガイド、写真撮影、TV番組コーディネイトの主要業は閑古鳥鳴いています。

したがって最近は、副業?家事と大工業が忙しく家の改装ばかりして、肉体的心地よい疲労の為、夜は早ね爆睡で娘を寝かせるより、娘に本を読ませて父親が先に寝てしまうと言う情けない状態になっております。

しかし、このような父をもつ娘は将来しっかりものになるのであろう・・・・と期待する訳です。

ここ十数年、インターネットが生活の一部となり、ネットなしでは仕事にならない状況になっています。

そして、何をするにもまずはPCを開いて調べ物。一日の始まりはメールチェックから始まり、メールマガジンを読み、ニュースを読み漁っている間に1,2時間はあっという間に過ぎてしまう。

便利ではあるが反面、PCにコントロールされて怖いというか・・・・・・

しかし人生面白いとうか、かなり笑えるというかな・・・・・・僕がこうしてパンタナール生活をするきっかけ、日本の安定した生活のブレイクアウトしたきっかけ、その大きな要因といえば「コンピューター」なのだ。

日本での大学進学は鼻から頭にあらず、嫌々県立工業高校建築家に通い、ろくに勉強はせずアルバイトに性を出し、まともに取り組んでいたのは建築物の設計図面のみ・・・・それ故といっても良いのか担任からは県内では有名な設計事務所に推薦されもした。

ところがだ、その当時から設計図面の授業でもPCが導入され始め、コンピュータで図面を制作する「キャド」たるものを習い始めた。
先生曰く、将来は人がわざわざ図面書くことは無くなり、コンピューターにデータをインプットすれば後は勝手に機会が図面を書いてくれる・・・・・人の手で図面を書くのは超有名な建築家ぐらいであろう・・・・・。だから君たちはこれから先はこのコンピューター技術を習得しなければ仕事になりません。断言された。

小さい頃から手先が器用で、物づくりが好きな私は図面を書くのが好きで建築家に入ったのに、これからは一生PCの画面をを相手に仕事をしないといけないのか?と愕然とした。

そして最終進路決定時に、安定型正常思考回路がぶっつり切れて、おれは一生PCに縛られて生活するのは嫌だと覚悟を決めて、幼少からの夢でもあった大自然の中で野生動物と関わる仕事を探す決意をしたのである。

担任の先生には「お前は気が狂ったのかと?」とドヤサレ、両親からは半ば呆れられ、同級生からも馬鹿扱い・・・・・

そして、出る杭は打たれる前に海外逃亡、流れ流されて日本の反対側であるブラジル中西部南米大陸のど真ん中のパンタナールまでたどり着いてしまった訳だ。

そして現在ブラジルの僻地パンタナールで、僕の生活はPC無しでは成りたたくなっている・・・・・

人生となんと皮肉なものなのであろう・・・・・。

と日曜日の昼時に考えながら一人笑いしてしまったおっさんです。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2011-05-23 01:37 | その他
2011年 02月 23日
パンタナールを知って、感じる・・・・
                        私も学生時代にこの方の著書「沈黙の春」を読んで、色々考えさせられました。

                        知ることよりも、感じることが大切・・・・・と彼女は言っています。当たり前のようでなかなか実践できることではありません。

                        物事を知った時点で全てを納得したような錯覚にとらわれる。
                        
                        私はパンタナールでお客さんを案内する時、特に森林内散策をする時にいうことがあります。

                        「視覚に頼らずに身体全部でけものの気配を感じ取って見てください」と。

                        当然、始めは感じられるはずがありません。しかし、動物と遭遇することを重ねる度に、その感覚はなんとなく養われてくる、と思う。

                        五感に頼らず、目に見えないもの、身体にふれないもの、その空気に漂う、なにかを感じる力、それが

                        「センス・オブ・ワンダー」のような気がします。
                        
                        
             
                        
[PR]

by pantanalinbrazil | 2011-02-23 22:17 | その他
2011年 02月 17日
Nikon FM2

                            1997年から愛用していたカメラ 「Nikon FM2」。

                            スチールカメラは3機あるけど一番手にしっくりくるのがこいつ。
                            
                            それもモータードライブ装着状態が良い。

f0022866_10474038.jpg


                            独学で学び露出を色々変えてみて、その上がりの違い差に感嘆し写真にのめり込んだ時期があった。


f0022866_10475898.jpg


                            1997~1999年が一番パンタナールに足を運び、キャンプ生活しながらシャッターを切り続けていた気がする。

                            そして、一番パンタナールの魅力に惹かれていた時期でもある・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2011-02-17 10:57 | その他
2011年 01月 23日
パンタナールでのワニ密猟
悲しいことに未だにこのような密猟というか無意味な殺戮が行われています。

これでだけ食べものが溢れているブラジルで野生動物をわざわざ殺す必要はないかと・・・・

こういうことをする輩は大概が中途半端な金持ち・・・・・食うにも困らない人達

ちなみに映像に写っている建物は南パンタナールの結構有名な観光ロッジだと思います。

まさかとは思うけどそのロッジ関係者の所業なのですかね??

それとも牧場近辺の住民なのかな?

まだこの国では大自然は狩猟の場であって、野生動物を保護しようと言う観念が一般大衆に広まっていないのが現状です。

特に田舎にいけば、いくほどその傾向は顕著であります・・・・・

レポーターのコメントではこの牧場の敷地内では生きた動物よりも食用にされた野生動物の死骸の方が多いとの話。




[PR]

by pantanalinbrazil | 2011-01-23 00:00 | その他
2010年 04月 12日
アブラ虫??
f0022866_8273232.jpg


庭のみかんの苗木がなかなか育たないんだな~~

アブラムシみたいなのが葉の裏にこびりついていて、彼らの出す油?をアリがなめているんだ。

思わずじっくり観察してしまいました。

久しぶりに50mmマクロレンズで撮影しちゃったよ。

風が強くて、いい加減撮影だからいまいちピンが甘いけど・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-04-12 08:31 | その他
2010年 01月 04日
新年あけましておめでとうございます
f0022866_022836.jpg

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

年末年始いかがすごされましたか?


年が明けて既に3日目ですが、人は何もしなくても時は待ってはくれません・・・・・

止まっていたら置いてきぼりです・・・・・

汗をかいて体を動かさないと駄目になります。

やること一杯です。

考えていても仕方ありません、行動あるのみです・・・・・・・・・・





僕の好きな幸せの青い鳥です。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-01-04 00:22 | その他