ブラジル・パンタナール便り・・・・
カテゴリ:その他( 34 )

2009年 12月 11日
カピバラの生態番組
f0022866_22384796.jpg


最近、色々なことが起きています。

ゆっくりPCの前に座って事務仕事をするゆとりがありません・・・・・

でもしないといけないことは山ほどあるので仕方がありません。なるべく体を動かして汗をかく肉体労働を選んで日々を過ごしております。

ま~~愚痴はこの程度にしておいて、今日は自然番組の紹介です。

さて、今年の9月に当地でNEPのクルーとカピバラの生態を撮影録画いたしました。

さるがコーディネイトした番組で新年1月3日NHK「ダーウィンが来た」で放送されます。

カピバラ好きの方には、大変興味のある内容になっているはず??だと思いますので是非ご覧になって下さい。

日本の動物園では観察できないカピの意外な行動が見られるはず・・・・・。

ちなみに案内した本人は番組オンエアーしてからでないと、番組は見られません・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-12-11 06:01 | その他
2009年 04月 21日
パンタナールソライロイトトンボ
f0022866_1212054.jpg


3センチメートルにも満たない小さな糸トンボ

ウォーターレタス群の上をせわしなく飛んでいた

ワニの視線になるように、体全部と目の下までぎりぎりまで水中に沈み、ひたすら待つ・・・・・

暇人にしかできない芸当だ・・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-04-21 12:16 | その他
2007年 10月 19日
Pipiという名の愛犬
3月の下旬に拾ってきた子犬がかなり成長した。
猫との共存が少々心配していたが、どうやら慣れたようだ。というよりも猫にはかなわないみたいだ。黒猫チロにいつもネコパンチくらっている。

我家には猫が3匹いる。
黒猫の「チロ」。オスで一番かわいい。カーペット猫と呼んでいて人の足元には擦り寄ってなでてくれと、だらしなくころげてくる。憎めない猫。
f0022866_2173496.jpg

ねずみ色のペルシャ猫もどきの「ハナ」。メス猫で見た目は派手で綺麗だが気性が激しく人には全く媚を見せない。可愛げのない猫。子猫と犬が来てから家には寄り付かなくなった。余程空腹でなければ家には姿を見せない・・・・・・。
f0022866_2181039.jpg

たぶん一年くらいの子猫でシャム系の「ミミ」。こいつは人になついて図々しい。隙を見せればソファーやベットの気持ちの良いところでうたた寝をする。チロの良い遊び友達。
f0022866_218469.jpg

そして我、愛犬「ピピ」。
メス犬で既に5匹の子犬を得たが全て一瞬にしてもらわれていった。母犬になったから、もう一人前の成獣だ。こいつが臆病で家から出ない。でも毎日夕方僕と自転車で散歩するのが大好きでそれを楽しみにしている。なかなか力強くチャリをひっぱる。
f0022866_219438.jpg


さ~~次はなにを飼おうかな??




たぶん白ウサギになりそうです・・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-10-19 10:14 | その他
2007年 10月 13日
水が来た!
ここ1週間ほど水道水がまともに来なかった。
本日、夕方ようやく本来の勢いの60%くらいで貯水タンクまで来てくれた。
これでしばらくは20kgバーベル持ち上げ20m運び運動をしなくて済む。

本日、ブラジルは子供の日で祝日。
かみさんが近くの何でも屋さんに娘と一緒にショッピング。
娘はお人形さんと動物ミニチュアを得て終日肌身離さず遊んでいた。

久しぶりに爆睡した。
昨夜は娘がなかなか寝られず1時くらいまで起きていた為、お父さんはお付き合い。
母はとなりで爆睡・・・・・・。
3人共に9時に起きた。正確に言うと父は二度寝。たぶん娘の鳴声で6時頃に目が覚めていたのだが、昨日の水運び作業の疲労が残っていたせいか、再びダウン・・・・・心地良い眠りに付くことができた。本来なら朝方人間で二度寝などしたら午前中は頭がボーといるのだが、これも歳をとったせいなのか~~~とアセロラの木の剪定をしながら思いにふけった。

そうそう今日は一度もPCの電源を入れずに、お外で野良仕事。アセロラや観葉植物の剪定と庭の掃除で一日が終わってしまった。
夕方、少しメールチェックでもしようなかなと思っていた矢先、近所のおじさんDidiに呼ばれて道端にて家族で井戸端会議。夕立が降ったお陰で涼しくお話が出来た。
ようやく雨が降り始めて10月らしい気配を感じさせる一日だった。

まだ貯水タンクに水が落ちる音が聞こえるので一安心。
一晩中この調子で水が来れば2000L一杯になってしばらくは水不足に悩まされることはないだろう。今週末まで水が来なかったら月曜に市役所に怒鳴り込みにいこうかなと思っていたので、余計なエネルギーを使わないで済むかと思うと嬉しい。

これもブラジル流、ささやかな幸せ?
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-10-13 10:50 | その他
2007年 10月 11日
水はどこぞへ?
ここ2日間水道の水が我家まできましぇーーん

きてもチョロチョロでとても天井上の貯水タンクまで上がる勢いはなし。
パンタナールに近い町で水がないとは、どういうこと??

市長に一言いいたいのだが、こいつが大泥棒だから言っても仕方がない。
困ったチャンだ。

お陰で地面に20リットルの容器に水を溜めて20mくらい離れた2000リットル貯水タンクまで運び、そこから汲み上げポンプで上の貯水タンクに溜めるという気が遠くなる作業を1日の3分の1くらい時間を費やした。

昨日と今日でたぶん500リットルくらいの水を人力で運んだ。何往復しただろうか・・・・・。
20kgのバーベルを上げ下げしているのと同じことだから腰と背筋にはかなりの負荷がかかったよな~~。ま、お父さんだからしゃないね。やれやれだ
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-10-11 12:27 | その他
2007年 09月 28日
ゴイアニアより
自宅のあるポコネから1100キロ離れた街、ゴイアニアに来ている。

日本人2人とカナダ在住ドイツ人と一緒に5日間ばかりマットグロッソ&ゴイアスアマゾンの清流探索水景撮影をしてきた。

予想以上に森林伐採は進んでおり、原生林は牧場や大豆畑に姿を変えていた・・・・。

これらの清流もいずれは汚れて死んでいくのだろうと3人で語り合った。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-09-28 20:25 | その他
2007年 05月 10日
寒波がきました
寒いです・・・・・。

一昨日の夜、月の撮影を夜中の12時近くまでしていたら薄曇が出てきて風がかわったので、もしかしたら天気が変わるかな~~と思った矢先の大寒波到来です。

昨日から、冬眠中のカエルのようにじっとして動けません。

最低気温15度くらいなのだけど、僕には寒すぎます。

体が気温35度に慣れてしまっているから、10度も下がると涼しく感じ、それ以下は寒いと感じてしまう柔な体になってしまいました・・・・・。

普段着は短パンにTシャツもしくは上半身裸・・・・金がかからない。

今日は厚めの靴下しっかり履いて上下のジャージを着こんでいます。それでも肌寒い・・・・。ちなみにこの格好は家の中。
外に出るには・・・・・・たぶん、ももひきにらくだの下着が必要になる。

こんな僕でも40度の酷暑には耐えられます。

適応能力とは凄いものです。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-05-10 10:08 | その他
2007年 05月 04日
こ と ば
最近、2歳半の娘といる時間が長い。

僕の言う事をだいぶ理解してくれるようになった。

今のところポルトガル語だけど・・・・・

たまに日本語で話しかけると不思議な顔をするんだよね。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-05-04 12:47 | その他
2007年 05月 02日
もう5月です
昨日が1日でメーデー。

日本ではゴールデンウィークで連休を楽しんでいるのでしょうが、当地ブラジルは関係ありません。

なんてたってこの国は一年中ゴールデンウィークのようなもんですから・・・・・。

しかし、パソコンって凄いですね。
今では動画の編集が出来て、誰でも簡単なテレビ番組の素材が作れるんですから・・・・。
写真もデジタルで高いフィルムも買う必要もないし、現像にだしてフィルムを傷つけられる心配も無用になりました。

一眼レフとコンパクトカメラの機能の差もいずこへといった感じ。

このような物質文明は日毎に進化し便利な世の中になりえてますが、地球温暖化は確実に自然環境を狂わせているのも事実であります。

当地パンタナールもたぶん50年後には草原に成り果てて、水の楽園という言葉も返上しないといけないことになりそうです。

2050年にはアマゾン熱帯雨林の30%がサバナ林になると言われています。

どうなることやら・・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-05-02 00:00 | その他
2007年 04月 06日
初仕事
明日の夜、サンパウロからお客さんが来ます。

そして明後日からパンタナール2泊3日のツアーが始まります。
ご両親と二人のお子さんの四人家族で昨年の乾期に来てくれたリピーターさんです。

お陰様で僕のお客さんの6割がたはリピーターさんで、ブラジルや近隣諸国に在住している日本人。
今までのお客さんで最高訪問回数は4回で4組だったかな??

乾期に来てくれた方に雨期との違いを説明すると殆どの方は、もう一度雨期の浸水風景を見に来てくれます。遠い方ではメキシコ在住の方で3回も来てくれて、その後日本に帰られて最後にもう一度来てくれました。
もうこうなるとお客さんを超えた関係になります。

今、外では雨が降っています。
少し乾き始めたパンタナールの浸水草原がこの雨でまた2~3cm増えるかもしれません。

僕の最終的な計画は、パンタナールの川辺(もしくは湖)の土地に小さなログハウスを自ら建てて、そこで1年の季節の移り変わり、「水といきもの」の映像詩を記録することです。

動物一杯の乾期のパンタナールも良いですけど、浸水草原水滴る満水のパンタナールもいいですよ。

さあ、今年初めてのパンタナールガイド、楽しみです。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-04-06 11:32 | その他