「ほっ」と。キャンペーン
ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 30日
Hiyoko
本日、ひよこを2羽買いました。
f0022866_256184.jpg

現在、我家にはパンタナールで採集したアピストグラマ数匹(小型熱帯魚)と猫2匹。

幼少期の我家(宇都宮市)では多い時には、15種類くらいの小動物がいました。
イヌ、ネコ、金魚、コイ、うなぎ、なまず、セキセイインコ、文鳥、ハムスター、シマリス、モルモット、ウサギ、クサガメ、ミドリガメ、ザリガニ、やどかり・・・・・。
当時と比べたら話しになりません。これらの小動物の面倒を見てくれた母親とばあちゃんに今更ながら感謝してます。

娘はどうやら私の血を多く引いてしまったようで、動物に対して異常に好奇心がある。

本当はでかいイヌを飼って一緒に遊びたいのだが、旅がらすの私としては少々難しい。
でも娘がイヌを好きなのでいつかは飼わないといけない羽目になりそうだ。

一昔前、中庭にセアカカマドドリの雛が迷い込んできて2、3日世話してあげた。その時に作った鳥小屋がようやく役に立つときが来た!さんざんかみさんに邪魔だから捨てろ!とその価値を認めてもらえなかった作品が・・・・・嬉しい。
f0022866_2575015.jpg


そうそう、中庭では、コンポスト(生ゴミ)を埋めてミミズの繁殖もしてる。
ひよこも大喜び、熱帯魚も大喜び。ゴミ出しも少なくてすむ!
f0022866_2595658.jpg


さて、次は何を飼おうかな?
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-07-30 03:00 | その他
2006年 07月 28日
砂漠並み!
ここ4日間ノドがゲロゲロ、鼻づまり、ゴホゴホと聞き苦しい咳が出ています。
こういう症状は世間では風邪というのでしょうが、この原因はいったい何か??

異常乾燥である。
本日の湿度が24%で4日前が確か14%まで下がった。ノーマルが60%だからこの数字がいかに凄いかがわかる。砂漠は10%前後だから参ります。
にもかかわらず、現地のポコネ原人達はゴミや草ぼうぼうの更地に火をつけて、煙をもくもく出している大馬鹿者。

まてよ、ここはパンタナールと目の鼻の先の町だぜよ。そういうパンタナールもカラカラなのだ。
水があるのは川と湖の最低地のみ・・・・・・。
観光ガイドブックなんか見ると一年中大湿原が見られるようなことが書いてあるけど、オオウソ。
現地を全く知らない人たちのいい加減な発言である。勘弁していただきたい。

当地は8~10月の乾期は湿原とは程遠い、乾燥サバンナにかわるのである。

あ~9月中旬まで雨なしなのかな~~。
お肌に潤いが・・・・・モイスチャー成分が水分を欲しがっている。
カエル肌の私には厳しい今日この頃。

それにしてもノドがカラカラ・・・・・。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-07-28 11:31 | その他
2006年 07月 20日
乗 馬
先日、二週間ぶりに家に戻った。
7月5日から一昨日までパンタナールでガイドしてました。

久しぶりに釣りらしい釣りもしたし、乗馬もかなりした。
天気にもお客さんにも恵まれて気持ち良く仕事ができた。

僕は97年にテレビのドキュメンタリー番組の仕事で二週間馬に乗りっぱなしの体験をした。
それは夏休み特番でパンタナールの少年牧童が始めての牛の移動をさせる生活体験記で、僕はカメラマンアシスタントで雑用をこなしていた。

デイレクターが年寄り、コーディネイターがデブで馬での移動は無理で、機材と二人を乗せる為にトラクターに牽引荷車を引いて200km走りました。
カメラマンと僕は馬での移動・・・・・・。朝6時から夕方5時まで、ほぼ馬に乗りっぱなしで尻の皮が擦り剥けた!
1000頭の牛の群れをあらゆる角度から撮影して、木に登ったり、川に浸かったり、馬からぶら下がったり、落馬したり・・・・・・大変だったけど楽しかった。

あの体験で僕は本当に乗馬の技術を身につけたといっていいくらい馬に乗った。
裸馬に座布団だけ乗せて、鞍もあぶみもなしなしで、手綱とバランスだけで馬にのる術も教わった。僕の乗馬技術は滅茶苦茶!作法も型もあったもんじゃない。日本でイギリス式の紳士乗馬を身につけた人がみたらびっくりすることだろう・・・・・・。
でも乗れればいいのである。馬と一体化することが大切で、彼たちをコントロールする術さえしっていればいいのだ。

パンタナールの浸水草原で乗馬するのが、僕の楽しみのひとつ。

今年はなんとかマイホースを手に入れたい!!
f0022866_944898.jpg

f0022866_9443150.jpg

f0022866_9445191.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-07-20 09:33 | Pantanal Tour
2006年 07月 01日
Piuva
ちまたでは桃色イッペーと呼ばれているが、当地では「ピウーヴァ」と言う。

僕の好きなパンタナールを代表する樹木。枝振りが良く、夕焼けのシルエットにぴったし。

この樹を撮影した作品が、写真展で金賞を獲得してかなりの大金を手にした。

ピウーヴァ様さまである。
f0022866_10392698.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-07-01 10:44 | パンタナール 風 景