ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 15日
レンソーイスの朝 
f0022866_8334063.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-09-15 06:37 | レンソーイス 白砂丘
2006年 09月 15日
レンソーイスの朝 
f0022866_829501.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-09-15 06:36 | レンソーイス 白砂丘
2006年 09月 15日
レンソーイスの朝焼け その一
f0022866_8163061.jpg


ブラジル北東部マラニョン州の海岸線にある大砂丘地帯「レンソーイス」

現地の言葉で「白いシーツ」と表現されている砂丘は、真っ白い。内陸部の石英質河岸が削られ、何百キロも経て海にたどり着き、遠浅の海岸線で波に打たれ、強い海風に煽られて出来た世界でももっとも白いといわれている大砂丘地帯。

2006年9月中旬に撮影隊と共に訪れて、国立公園の特別許可を得て大砂丘のど真ん中の村でキャンプしながら3週間ほど滞在しました。

自然ドキュメンタリー番組制作の為、世界中を巡り大自然を堪能してきた兵ディレクターを唸らせた景色。

それが「レンソーイス・マラニェンシス」です。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-09-15 06:12 | レンソーイス 白砂丘
2006年 09月 03日
カピバラ山脈国立公園
f0022866_10503116.jpg


ブラジル北東部ピアウイー州南部に位置するParque Nacional Serra da Capivara「カピバラ山脈国立公園」。
ブラジル五大生態系の一つCaatinga「カアチンガ」(白い森という意味)呼ばれる半砂漠に近い乾燥地帯にある奇岩と壁画が見られる珍しい場所。

f0022866_10513617.jpg


親子のサルの壁画。現在は土地は乾燥しているが何千年前は大きな川が流れて水滴るうっそうとした森があり、水場が好きな動物がたくさんいたと言われている。

その代表的な動物が、カピバラ・・・・・昔は大型哺乳類がたくさんいたようだが現在は極度の乾燥地帯の為、生息する動物は限られている。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-09-03 10:35 | カアチンガ Caatinga