ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 23日
イグアスの滝 ブラジル側
この間、ガイドの仕事でイグアスの滝に行った。
3度目の訪問で、今回が一番しっかり滝を見た気がする。

そして色々と気になったこと・・・・・。

自然写真家の案内をしたのだけれど、国立公園内の余りの変わりぶりに驚いた。公園緒設備が見違えるほど良くなった。

特にブラジル側のお金の使い振りが凄い。

30分毎に公園内を走るバスは環境?(というよりも環境保護先進国から来た外国人)を配慮して騒音と排気ガスがほとんどない電気バス。

公園入口にはお土産屋とビジターセンター、やたらとユネスコの世界自然遺産を強調した無意味な巨大施設。

公園内アトラクションや遊歩道も増えようだ。その所々にも小奇麗な土産屋もさりげなく配置。購買力をそそる。

公園一番奥の滝の落ちる前の開けた場所には、レストランと巨大土産屋・・・・・。

昔はこのレストランのある川辺でたくさんの蝶が見られたのが今回はほとんど目視出来なかった。
季節にもよるのだけれど、鳥や蝶の姿を目にする機会が少なかった気がする。6日間も滞在したにもかかわらず・・・・・・

そういえば昔たくさんいたイグアス名物のアカハナグマも全然見られなかった。ガイドの話だと観光客が無闇に餌を与えすぎて、人に慣れて食料欲しさに人を襲うようになったので、公園管理局が観光ポイントから離れたところで餌付けして遊歩道近辺に出没しない対策をとっているとのこと。

だんだん日本人好み(アメリカ文化に汚染された)の観光地になってきた。むしろ俗物化されたと表現した方が正しいのかもしれない。
ブラジルがリオと肩を並べて世界に誇れる唯一の世界的観光地だから仕方がないのだろう。

イグアス観光をする客は「滝だけ」を見物に来ているから別に滝のある広意義での自然環境(生態系)に目が向かないの当然のこと。

案内している現地ガイドもフィールド知識はほとんど勉強していないようだ。(僕が普通に見られる鳥を20種類くらい説明してあげたら現地ガイドは関心していた・・・・)ま、滝とダムのうんちくだけで一般観光客は満足するのだから別に細かい自然情報を伝える必要性がないのだろう。

それにしても、もったいないな~~。

メインの滝見学にしろ「悪魔ののどぶえ」を中心に見ているだけで、その周りある大小数々の滝をあらゆる角度から眺めた風景は素晴らしいのだが・・・・・

滝の水しぶきに掛かる虹を見ながら色々考えました。

f0022866_11475998.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-12-23 00:00 | イグアスの滝
2006年 12月 22日
ブラジルトイレ事情
先日、久しぶりに長距離バスの旅をした。
クイアバからイグアスの滝まで距離にして1500km。途中でバスを乗り換えてトータルで28時間くらいかかった。年のせいか、今回はさすがに堪えた。

ブラジルは、大国にもかかわらず、鉄道網が発達していない。
その代わりに長距離バスや大型トラックがこれでもかというくらいに走っている。
バスの設備もたいしたもので座席のシートもゆったり目でかなりリクライニングするから寝るのもほぼ問題ない。またミネラルウォーターやトイレも完備している。

そして今回のバスで面白いものを発見・・・・・・・。
それはシートの頭部紙カバー・・・・・・。
本来ならば、バス会社の連絡先や企業の宣伝などが書いてあるのだが、なんとそこには

「乗客の皆様へ、トイレの水を流して下さい。」・・・・・・・・う~~~~ん。

日本人(普通の人??)から見れば、用を足した後、水を流すのはあたり前だと思うのだが、この国の人達(特に低所得者層?高所得者でも知的レベルの低い輩諸君)は、とにかく流さない!!
単なる物忘れが激しいのか、用さえ済ませば後は知らんよ!といういかにも自己中心的な思考のもと故意にしているのかは定かではない・・・・・・。

これらの行為は、今更確認するほどでもないが、ここまであからさまに注意しているのには結構笑えた。そういえば空港やショッピングセンターなどのトイレの流しボタンの上にも良く貼り付けてあったな~~。
日本の公衆便所もかなり汚いが、全体のトイレモラルはブラジルよりは良いように思える。

トイレのドアを開けて便器をのぞく度に物体がフワフワと浮いている光景を何度見たことか。
かの国民はキャッサバを熱処理して粉状にした食べ物「ファリーニャ」を良く食べるので、○○チの密度が低く比重が軽いので沈まない・・・・・・。この現象は北部にいけばいくほど顕著である。北部は主食がお米よりも「ファリーニャ」がメインになるからだ。

そしてもう一つ、立小便や野○ソに関して・・・・・・・。
日本人は必ずといっていいほど、用を足す時は物陰に隠れて人の目を気にしながらそそくさといたすが、ブラジル人は道の真ん中や車の脇などで知らん顔して悠々とする。これは小に限らず大に関しても同じことが言える。
俺は仕事柄、良く森に入って散策をするが、その散策路や遊歩道の直ぐ脇で白い紙くずと一緒に堂々と散乱している物体が目に付く。本能の赴くままというか、人目を全く気にしないというか、それとも余程我慢ができないのか??・・・・・・とにかく、その行為に恥じらいというものが感じられない。
さらに笑えるのが、この現象が人だけでなく野良犬や野良猫、家畜などにも見られるから、厭きれるのを超えてお見事と称えたい!!ま、お国柄なんでしょうね。

一日にシャワーを何度も浴びたり、食事前や外出前には必ず入浴しておしゃれをする人達なのだが、ことトイレ事情に関しては、どうやら別物のようだ。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-12-22 00:00 | その他
2006年 12月 08日
アマゾン船旅 サンタレーン~サンミゲル島
2006年12月に新しいアマゾンの旅をつくろうという案が出て、アマゾン川中流域、サンタレーンを基地に近辺各地を船で廻った。

アマゾンでは移動手段は車でなく船だ。

寝泊りが出来る2、3階建てのしっかりとした船に5~6mほどの船外機付きアルミボートや木製のカヌーを積んで旅にでる。

アマゾン河本流は海みたいに広すぎるからアマゾンの生態系を詳細に観察することが出来ない。

支流の支流の水路や河川湖など入り、現地を把握している住民をやとってボート操ってもらう。

そうしないとアマゾンを細かく見ることが出来ないのだ。


f0022866_940151.jpg



f0022866_9474134.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-12-08 14:00 | アマゾン Amazon
2006年 12月 08日
大河アマゾンと船上生活



f0022866_10114143.jpg


                           大河アマゾンでの交通手段は船だ。

                           ハンモッグに揺られながらでも良いし、マットレスに直に大の字に寝ても良い。


f0022866_10121924.jpg


                           正しいハンモッグでの寝方・・・・・

f0022866_1012586.jpg


                           アマゾン川はでかすぎて切り取るの極めて難しい・・・・・試行錯誤してみる

f0022866_10132097.jpg


                           川縁の教会・・・・どこにいっても教会があり、そこからコミュニティーが始まる


f0022866_10134068.jpg


                           アマゾン河では巨大な貨物船が多々、見られる。パンタナールではなかなか見られない風景だ。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2006-12-08 01:01 | アマゾン Amazon