ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 06日
初仕事
明日の夜、サンパウロからお客さんが来ます。

そして明後日からパンタナール2泊3日のツアーが始まります。
ご両親と二人のお子さんの四人家族で昨年の乾期に来てくれたリピーターさんです。

お陰様で僕のお客さんの6割がたはリピーターさんで、ブラジルや近隣諸国に在住している日本人。
今までのお客さんで最高訪問回数は4回で4組だったかな??

乾期に来てくれた方に雨期との違いを説明すると殆どの方は、もう一度雨期の浸水風景を見に来てくれます。遠い方ではメキシコ在住の方で3回も来てくれて、その後日本に帰られて最後にもう一度来てくれました。
もうこうなるとお客さんを超えた関係になります。

今、外では雨が降っています。
少し乾き始めたパンタナールの浸水草原がこの雨でまた2~3cm増えるかもしれません。

僕の最終的な計画は、パンタナールの川辺(もしくは湖)の土地に小さなログハウスを自ら建てて、そこで1年の季節の移り変わり、「水といきもの」の映像詩を記録することです。

動物一杯の乾期のパンタナールも良いですけど、浸水草原水滴る満水のパンタナールもいいですよ。

さあ、今年初めてのパンタナールガイド、楽しみです。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-04-06 11:32 | その他
2007年 04月 03日
バンデイランチ
ブラジル・トヨタを代表する名車である。
和訳すると「探検家」とか「冒険野朗」とでもなるかな?
f0022866_11594621.jpg

先日、念願かなって買ってしまいました。
今後のブラジル奥地探索用の足としての必需品として・・・・。

1985年型でメルセデスベンツのデカイジーゼルエンジンが搭載せている。昔懐かしの角ばった箱型の四輪駆動車。

パンタナールと関わり始めてから、いつかは購入したかった車の一つ。でも結構なお値段で今まで手が出せなかった。
今回、ブラジル通の作家、親友の協力を経て念願の夢が叶った次第。

今までは、ブラジル・フォードの名車、ベリーナ号が僕の旅のパートナーだった。彼女とは96年からの付き合いで寝食をともにした仲間といっても過言ではない。彼女はアルコールエンジンで燃費も良く、二輪駆動にも関わらずかなりの悪路をくぐりぬけてきた兵である。パンタナールの奥地に突撃する時は、鍬や斧、山刀、板切れなどスタック対策万全の旅支度で毎回臨んでいた。にもかかわらず泥道や砂などでスタックしては、馬や牛に引いてもらい脱出したり、炎天下半日かけて椰子の葉や樹木を切り倒して悪戦苦闘もした。
僕の青春時代、住所不定ほぼ無職の放浪家なき子時代に大切なパートナーなのだ。
彼女には長年のお勤めご苦労様の感謝の意を込めて、車庫に殿堂入りしたもらい、これからは舗装道路専用に走ってもらうことになる。

彼女に代わって今後は、この「冒険野朗」の「LuLu」君にバトンタッチしていただき、ブラジル奥地探索に付き合ってもらうことになる。
f0022866_120188.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2007-04-03 14:00 | Jeep Bandeirante