ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 15日
夕焼け小焼けの黒いサ~~ギ
f0022866_813026.jpg


先日、日本から友人が来た。

日系人女性と結婚して7歳になる娘さんがいる音楽専門の中学教諭・・・・・

2年に一度、ブラジル永住権更新の為に、嫁さんの里帰りをする律儀な日本人男性である。

また僻地に住むサルにニコンのデジカメを持ってきてくれた運び屋さんでもある大切なお友達なのだ。

彼とは1999年からのお付き合い・・・・・もう10年も経ったのね??光陰矢のごとし・・・・

サンパウロにある日本人学校の教諭をしていた時に、パンタナールを訪問し、私と知り合い意気投合して、彼の教えている生徒達に是非パンタナールの話をしてくれと熱く頼まれて、遠いサンパウロまで行って子供たちに写真を見せながら動物達を紹介した・・・・・それ以来そこで教えている先生方は当地を来る際にはサルに声をかけてくる習慣ができたようだ。

彼が帰国してからはSPの学校とは疎遠になったが、機会があれば是非子供たちにパンタナールの素晴らしさを伝えていきたいと思っている・・・・・・ので、もし興味がある方はご一報あれ

さて、話がだいぶ逸れたが、彼を連れてパンタナール2泊3日案内した訳だが撮影した枚数はわずか・・・・

ガイドしている時は、ほとんど写真は撮らないのだ・・・・・

帰り間際に撮影した久しぶりの夕景。

しかし、桃色イッペーの樹は、ホント枝振りが良いね・・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-08-15 07:56 | パンタナール 風 景
2009年 08月 09日
タテガミオオカミ
f0022866_108963.jpg


日本人にはあまり知られていない果実食??のオオカミ?です。

果実が70%、肉が30%と言われている珍しい種です。

オオカミというより足の長い耳の大きなキツネと言った方があっているかもしれません。

いずれにしても可愛い動物にはかわりありません・・・・・

この動物の野生の生態は謎が多いです。ま、セラード全般の動物建は未だに詳しくフィールド調査されていないのが現状です。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-08-09 10:14 | パンタナール 哺乳類
2009年 08月 07日
オオアリクイ
先日、3週間弱の出張を終えて帰宅しました。

コンサーベション・インターナショナルが定めた、最も消滅の恐れのある生態系「HotSpot」として指定されているセラード(ブラジリアン・サバンナ、潅木疎林乾燥草原帯?)の生態系を紹介する大型自然番組です。

昨年からトータル120日間のロケで今年は70日間滞在していきました。
私は今回は25日ほど担当いたしました。70日は長すぎます・・・・・・でも調査をいれるとたぶん40日間ほど仕事したな~~。このままのペースで仕事していると娘と嫁さんに忘れられてしまう・・・・・

そしたら一人でパンタナールの川辺で隠遁生活か??

セラードを代表する動物 2種、タテガミオオカミとオオアリクイを求めて6000kmほど走り周った。

しかし、このオオアリクイ滅茶苦茶可愛いです!

この個体は、母親と共に交通事故にあい、親は亡くなり、彼女は後足を骨折して野生動物リハビリセンターで治療中の1歳半の個体です。後半年ほどで放されるとのこと・・・・・

このような施設がブラジル全国27ヶ所あるそうです。今後このような施設の活動などもテレビ番組製作とは別に紹介していければいいなとも思っています。
f0022866_4572194.jpg
f0022866_4575758.jpg

[PR]

by pantanalinbrazil | 2009-08-07 05:00 | パンタナール 哺乳類