ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 27日
師匠とナマズ
f0022866_10472838.jpg

パンタナールの野外知識を伝授してくれた俺の師匠。

ルイース。

彼はまさに「けもの」です。

双眼鏡なし、ボート運転しながら遥か先の鳥を見つけたり、闇夜の蛇行する川を日中と同じ速度で運転する。

足の指に釣り糸をくくりつけ、引き具合で魚の種類も判別できる。見えない足跡を追跡しけものを射止める。

彼と1年半生活し、パンタナールの川辺で生活する基礎を学んだ。

パンタナールを縦断する大河パラグアイ川の支流、ジャウルー川の畔で生まれ育った野生児。

電気も何も無いところで生きてきた男・・・・・

頼りになる奴だった。

さすがに別れの時は、男泣きしてしまった。

また、奴のところに行きたくなった・・・・・・


写真は巨大ナマズ、ピンタード!
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-05-27 10:57 |  人
2010年 05月 25日
人と馬
f0022866_11255147.jpg

パンタナールで生活している者にとって馬は重要な移動手段の一つだ。

そして大事な相棒でもある。

パンタナールの馬は水を恐れず、浸水草原や川なども平気で人を乗せて泳ぐこともできる。

一人で森を歩くと、ジャガーなどにいつ襲われるやと不安になるが、馬に乗っていれば安心だ。

いつか馬だけでパンタナールを縦断したいものだ・・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-05-25 11:29 |  人
2010年 05月 20日
北パンタナール水 源 
f0022866_2243153.jpg


北パンタナールの水源のひとつです。

我町ポコネから北に250kmに位置する Nobres 「ノーブレス」という町の近く。

その町からさらに東へ50kmにある村、Bom Jardim「ボン・ジャルジン」という僻地にその源はあります。

パンタナールを縦断する主要河川パラグアイ川の支流、クイアバ川。そのまた支流に値するクイアバジーニョ川の最上流地に位置します。

この辺の地層は石灰岩(軽石のような)が多く、雨水がその天然フィルターを通してろ過されて地上に沸いてくる時には、クリスタルウォーターとなり清流が形成されます。

その清流に、クイアバ川から登ってくるピラプタンガ(マスのような魚で流れがある清流を好む種)がところどころに群れています。

南PL水源である「ボニート」は既に旅行ハンドブックなどに紹介されて有名ですが、ここはほとんど知られていません。

清流の大きさも、現地アトラクション、宿泊設備の規模もボニートとは比較になりませんが、時間がある旅人は足を運んでいただけると、さらにパンタナールを理解してもらえると思います。

次回はのんびり潜りに行きたい・・・・
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-05-20 22:26 | ボニート&ノーブレス