ブラジル・パンタナール便り・・・・
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 31日
NHKスペシャル 特別番組紹介
f0022866_2205668.jpg


今年最後のブログです。
先日からTwitterなどで告知していますが、私どもがコーディネイトした番組が来年早々放送されます。
BBCを超える美しい映像の連続です。ブラジルのマイナーな生態系である「セラード」をここまで丁寧に分かりやすく、なおかつ驚愕の映像で表現したものはありません。是非録画をお勧めいたします。
このような番組を通して少しでもブラジルの大自然に興味を抱いていただければ幸いです。


NHKスペシャル「ホット・スポット 最後の楽園」

5分ミニ番組
ブラジル(1) 1/1(土) 6:40-6:45 1/4(火)22:45-22:50 2/5(土)12:40-12:45
ブラジル(2) 1/3(月)15:50-15:55 2/1(火)22:45-22:50 2/5(土)21:45-21:50

メイキング番組「福山雅治 最後の楽園を行く」
1/1(土)23:10~23:30

プロローグ 地球・生命の物語 
1/10(月) 19:30

ブラジル本編 (これメインの50分番組です。)
2/6(日) 21:00

f0022866_2263311.jpg

こんでじIXYで撮影した光るアリ塚です。

プロの一眼レフデジタルカメラと明るいレンズを使用すればNHK並みの映像が撮影できるかも??

やっぱり無理かな??


ブラジル中西部、ゴイアス州とマット・グロッソ州、南マット・グロッソ州の3州にまたがるエマス国立公園。


それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-31 22:12 | セラード エマス国立公園
2010年 12月 31日
パンタナール 黄色アナコンダ
 ブラジル中西部に広がる大湿原、氾濫平原「パンタナール」。そこに住む大蛇「イエロー­アナコンダ」。現地名は「Sucuri」スクリーと呼ばれている。アマゾンに生息して­いるアナコンダは茶色が強く、全体に大きな斑紋があり、パンタナールのものは斑紋がな­くお腹、地面に接する部分が黄色でより綺麗。


               
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-31 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 30日
パンタナールの黄色アナコンダ アップ
 ブラジル中西部に広がる大湿原、氾濫平原「パンタナール」。そこに住む大蛇「イエロー­アナコンダ」。現地名は「Sucuri」スクリーと呼ばれている。アマゾンに生息して­いるアナコンダは茶色が強く、全体に大きな斑紋があり、パンタナールのものは斑紋がな­くお腹、地面に接する部分が黄色でより綺麗。最近こういう状況に遭遇しないですね。今­、パンタナールで一番出会うのに難しい動物はアナコンダかもしれない。たぶん遭遇頻度はジャガーよりも低いと思う。10年前は2~3mサイズのは容易に見られたのですが・・・・・彼らはどこに行ってしまったのだろう・・・・・


                 
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-30 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 29日
パンタナールのミナミコアリクイ
  ブラジル北パンタナールで見られるコアリクイです。夜行性で涼しい時間帯に森の中で捕­食し、夕方とか早朝にこのような草原地帯へシロアリを探しに来るのですが、余程お腹がす­いていたと見えお昼時に近いかなり熱い時間帯にもかかわらず餌探ししてました。私の体­臭がアリクイに近いのかむこうから近づいてきて足元まできて全く気がついた様子を見せ­ず無我夢中ででシロアリを食べていました。隊長40cmほどの可愛いらしいアリクイで­す。
パンタナールには2種類のアリクイが見られます。一番小さい「ヒメアリクイ」はアマゾ­ンの限定された地域でしか見られません。

パンタナールツアーで良く使う川辺のロッジ、パンタナール縦断道路(トランスパンタネイラ)の43km地点にあるPousada Rio Claroの敷地内で遭遇したコアリクイです。



                      
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-29 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 28日
今年、一番たくさん見られた絶滅危惧種哺乳類
f0022866_8233822.jpg


今年はオオカワウソを良く見ました。もとい、会うことが出来ましたと表現した方が良いかな?

こいつらは本当に好奇心旺盛な動物でこちらが静かにじっとしているとかなり近くまで寄ってきて様子を見る。

それ故、昔アマゾン川流域でたくさん殺されてしまった。その高価な毛皮目的に・・・・

いとも簡単に近寄ってきたらたまりません。

むかし、昔、あるところで観光客がピラニア釣りを始めると、そばまで寄ってきて釣れた魚をねだる個体までいた。

彼女の名前はシュッシャと呼ばれていた。ボートからオールを差し出すとそれによじ登ってボートの際まで手をかえけてまるで飼い犬のようなしぐさで我々の前で美味しそうに魚を食べたものだ。

そして、その家族の子孫は未だに人に慣れていて結構近くまで寄ることができる。

血が伝えていくのかね。それとも学習能力かな??いずれにしてもきちんと伝わるのだ。

野生動物に対して餌を与えることを絶対悪のようにいう学者さん達がいるが、町から離れて獣が生活しているところで獣に近い生活をしている人との仲の良い共生関係であれば、俺は悪いとは思わないな~~~。

だってなんだかんだ言っても、我々人類が地球という大きな生態系の生物ピラミッドの頂点に組している訳だからそれを踏まえて、自然環境に全く影響を与えずに生活することは、もはや不可能し、我々の全ての行為は、良かろうが悪かろうがそれは自然淘汰になるのだから・・・・・現在も悲しいことに地球を壊し続け、やがて我々はこの地と共に滅ぶ運命?にあるかもしれんし。もしかしたら、ずうとこの先エラーイ人が出て、我々の大きな間違いを上手に我々に説いて、壊れかけた地球と人類を救ってくれるかもしれんし・・・・先のことは誰にもわかりません。
ただ、俺は身近に出来ること少しでも行動に移して、生ゴミをひたすら中庭に生めてミミズを増やし、土を肥えさせ、果樹の苗木を作り、それを植えて鳥達に食べてもらう、ついでに俺さまも美味しい果物をいただいてしまうというささやかな行為を自己満足のもとに行っている。

言いたいことは、頭でかっちになるよりは、少しでもフィールドに出て動物達と同じ空間でその吐息を感じ、彼らの生活環境を味わってみるのが大自然を理解するはじめの一歩のなるのではないのかな?

と思いながら、その手助けができる仕事をしています。

皆様、もっと外にでましょう!たまにはPCを忘れて・・・・・家族も忘れて・・・・間違い!家族と一緒にだ!!


今年最後の写真は、俺の前にたくさん出てきて旅人を楽しませてくれたオオカワウソ君に感謝の意を込めてアップしました。ありがとう!!

そして皆様、良いお正月をお迎え下さい。
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-28 08:48 | パンタナール 哺乳類
2010年 12月 28日
パンタナールのカピバラ親子
 ブラジル北パンタナール、ポコネの町から56km離れた牧場ロッジの森でばったり遭遇­したカピバラの群れ。始めはかなり驚いた様子だったが、こちらがじっとしていると少し­づつ警戒心を解いてゆっくり歩き出していった。乾燥林の奥で休んでいて水場に向かう途­中に僕と遭遇して災難なカピの群れ・・・・・2007年9月20日撮影 パンタナールツアー4人のお客さんと歩いて鳥の営巣地に向かう途中に遭遇!カランダーロッジにて・・・・・


                  
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-28 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 27日
セラード エマス国立公園 アメリカバク
                 ブラジル中西部のセラード地域にあるエマス国立公園にて撮影したアメリカバク。
                 個体の色がやけに白っぽかったです。パンタナールで見られる個体はもう少し茶色
                 っぽいのですが・・・・
                 
                 体高1m弱、体長2m近い大型の不思議な哺乳類。南米陸生哺乳類最大種です。
                 こんなのがいきなり道に出てきたらビックリ!
                 パンタナールの森の中で歩いて散策していて5m以内に接近したこともあります。



                  
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-27 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 26日
パンタナールのシンボルの鳥 ズグロハゲコウ トゥユユ
                  北パンタナールの主要観光地であるパンタナール縦断道路(トランスパンタネイラ)
                  の18km地点で撮影。
                  
                  雨上がりなど良くこうして道に出てきて、何する訳でもなく歩いている光景を見かけ
                  ます。パンタナールに多く生息していることからシンボルの鳥とされています。
                  
                  体高1m弱、翼を広げると1m半にもなる大きな鳥です。


                  
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-26 00:00 | ブラジル大自然動画特集
2010年 12月 25日
セラードのレア(アメリカダチョウ)
               ブラジル中西部セラード、エマス国立公園の前の畑で子供を連れて歩くレアです。
               
               レア(­アメリカダチョウ)は南米最大の鳥で、走鳥類で飛べません。
               でも時速40kmくらいで­走れます。
               
               巣を草原の上に枯れ草を集めて直径1mくらいのお皿のような形をオスが作り­ます。
               メスはその周りに1羽あたり3~4個の卵を産み散らし、メスはその後は知らんぷ­り
               です。巣の周りに何十個と産まれた卵をオスは大事に巣にかき集めて温めます。
               そして­ヒナになって親離れするまで餌の採りかたやら生活する知恵を父親から教わ
               ります。
               パンタナールの牧場でも普通に切られます。よくツ­アー客からあのダチョウ
               は飼われている個体ですかと聞かれるが、全て野生です!



                  


                さて­画面には何羽のヒナがいるでしょうか?



                たぶん22羽かな??
[PR]

by pantanalinbrazil | 2010-12-25 00:00 | ブラジル大自然動画特集